皆さん、こんにちは。

永廣勇資 (ながひろゆうすけ)です。

ながひろ社労士事務所は
本日も絶賛営業中でございます。

今日は助成金についてのお話。

日頃社会保険労務士が助成金、助成金と
言っているのをよくお聞きになられると
思います。

しかし私たち社会保険労務士が
何を指して助成金と言っているのか
よくわからない方もいらっしゃると思います。

実際他の士業の方から
「社労士が言ってる助成金って
 どれのことなん」というご質問も
出たりします。

そこで今日は助成金について
ご説明していきたいと思います。

助成金や補助金奨励金など
いろいろな名称で各役所(厚生労働省、
経済産業省や都道府県や市町村)が
企業向けに援助行っています。

その中で社労士が扱っている助成金は
厚生労働省が行っている、企業が
その時々の政策にあった人事的な新しい
アクション(人を雇う・雇用続ける・
労働条件を改善するなど)を起こした時に
援助するためのお金のことです。

この助成金は日ごろ払っている
雇用保険料の中に含まれているものが
原資となっていますので、
返済は不要なんです

ただアクションを起こすだけでなく、
その時々の政策にあった、というのが
非常に大事です。

高齢者を雇う、非正規を正社員に転換する、
介護職員の労働環境改善する、など
細かい要件をクリアする必要があります。

受給するにあたっての注意点もあり、
まずは労働省法令を守らないといけません。

用件に応じた社会保険の加入、
賃金台帳などの作成、就業規則の制定、
残業代が払われているかなども
チェックポイントがありますので、
注意が必要です。

また助成金をもらうためにアクションを
起こすのですが、もらった後も
雇用や制度の運用し続ければならないので
結果、助成金額よりもコストがかかったと
いう話はよく聞きます

と、多少厳しいことを申し上げましたが
要件に該当すると、返済不要のお金が
入ってきます。

これから人事的ないろんなアクションを
起こそうとお考えでしたら
事前にいちどお調べいただくと
得するかもしれません。

詳しい要件などに関しては
私たち社会保険労務士に
お問い合わせいただければ
すぐに診断致します